云趣众娱
新浪微博
微信
当前位置:云趣众娱网 » 太极拳

新闻节选丨記者殺害事件後の関係改善狙う、アフガニスタン 戦闘やテロで民間人死者3800人余、400万円喫煙所に「高額すぎる」批判

关注公众号,在菜单栏回复“6”,获取《节选新闻合辑》


本文为节选,欲阅读全文请复制标题下的源网址


新闻标题:

アフガニスタン 戦闘やテロで民間人死者3800人余 過去最悪

サウジ王女が駐米大使に 記者殺害事件後の関係改善狙う

400万円喫煙所に「高額すぎる」批判 駅前に市が屋根付きガラス張りスペース計画


NHK

アフガニスタン 戦闘やテロで民間人死者3800人余 過去最悪

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190224/k10011826531000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_025


アフガニスタンで去年、戦闘やテロに巻き込まれて死亡した民間人は3800人余りに上り、国連が調査を始めて以来、最悪となったことがわかりました。


国連アフガニスタン支援団が24日発表した報告書によりますと、アフガニスタンで、去年1年間、戦闘やテロに巻き込まれて死亡した民間人は、前の年より11%増えて3804人に上りました。


これは2009年に国連が調査を始めて以来最悪で、特に、子どもの死者は全体のおよそ4分の1にあたる927人に上っています。


また、けが人は7189人で、死者とけが人を合わせた数は5年連続で1万人を超え、治安の悪化に歯止めがかかっていない実態が改めて浮き彫りになりました。


死者が増えた背景について、国連は、過激派組織IS=イスラミックステートによる自爆テロが頻発していることに加えて、政府軍や国際部隊による空爆や掃討作戦の巻き添えになるケースが後を絶たないことを挙げています。


アフガニスタンをめぐっては、17年余りにわたって現地で軍事作戦を続けるアメリカと、反政府武装勢力タリバンとの間で和平に向けた直接交渉が進められていますが、停戦の見通しは立っていません。





朝日新闻

サウジ王女が駐米大使に 記者殺害事件後の関係改善狙う

https://www.asahi.com/articles/ASM2S5H5VM2SUHBI027.html


サウジアラビアの駐米大使に任命されたリーマ王女=AFP通信


サウジアラビアは23日、駐米大使にリーマ王女を充てる人事を発表した。地元メディアなどによると、リーマ氏はサウジ初の女性大使になる。昨年10月にトルコのサウジ総領事館で起きたサウジ人ジャーナリストの殺害事件で米国内ではサウジに対し激しい批判が出ており、イメージを改善する狙いがあるとみられる。


ハリド駐米大使は国防副大臣に就任する。ジャーナリストの殺害事件では、ムハンマド皇太子の弟であるハリド氏がこのジャーナリストにトルコの総領事館を訪れるよう促していたとの報道が出て、大使としての信頼性に陰りが出ていたとの指摘もある。


リーマ王女は約20年間駐米大使を務めたバンダル王子の娘で、米ジョージ・ワシントン大卒。女性の社会進出をアピールする存在として知られてきた。(ドバイ=高野裕介)






日本雅虎

400万円喫煙所に「高額すぎる」批判 駅前に市が屋根付きガラス張りスペース計画

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00010000-kyt-l26


JR亀岡駅前にある喫煙スペース。現在は灰皿が1個置いてあるだけだが、市は400万円かけて屋根付きガラス張りの喫煙所を新たに整備する(亀岡市追分町)


京都府亀岡市は、屋根付きガラス張りの喫煙所をJR亀岡駅前に整備する。畳約5枚分(8・1平方メートル)の広さに400万円の費用をかける。駅利用者の健康被害に考慮し、ポイ捨てと受動喫煙の防止を狙うとする一方で、市民から「高額すぎる」との声も出ている。


「白い目で見られる」喫煙者も抵抗感

計画によると、喫煙所は駅南側に幅4・5メートル、奥行き1・8メートル。高さ2・5メートルの強化ガラス製で、煙が歩道へ漏れないよう屋根で覆う。周囲の景観に配慮し、デザイン性にも考慮した、という。
 

市は昨年7月施行の路上喫煙規制条例に基づき亀岡駅など計5駅周辺を路上喫煙禁止区域に指定し、今年7月から違反者から千円を徴収する。規制に合わせて同駅南側バス停にある既存の喫煙スペースを撤去した場合、禁止区域周辺の路上喫煙や吸い殻が増えると判断、喫煙所を整備すると決めた。
 

喫煙所の整備を担当する市環境政策課はたばこ税収入(年約5億円)があるとした上で、「喫煙者、非喫煙者の双方に配慮し、受動喫煙防止機能の高い喫煙所にする。市民の理解を求めたい」と説明する。
 

市の配慮に対し、市民は冷ややかだ。駅前を通っていた女性会社員(62)は「灰皿の前を通る度に臭いが気になり、不快になる。400万円の税金を使って喫煙所をつくるなんて信じられない。喫煙所は要らない」と憤った。喫煙スペースを利用していた男性会社員(40)は「喫煙者は肩身が狭い。400万円の施設で吸っていると、白い目で見られてしまう」と、抵抗感を示した。
 

路上喫煙を禁止する自治体では、日本たばこ産業(JT)が喫煙所を整備し、寄贈を受けるケースが多い。18カ所ある京都市も全て無償提供だ。亀岡市は「寄贈モデルに屋根がなかったので、自ら整備する。JTに支援を求め、コスト削減に努める」という。
 

なぜ400万円もかけるのか。その根拠は不透明だ。市民への説明も“ガラス張り”にする必要がある。







关注我们



相关报道